カンファレンス

先日、一番の取引先である病院でのカンファレンス(地域包括、他事業所5つ)と今まででは大掛かりな集まりに参加しました。いつもは管理者が参加しますが今回は最重要病院の為私が参加したのですが、その中でやはりデイサービスでのリハビリについての限界点の認知がとても低い事に驚きました。当社の看護師でケアマネの資格を持つ方の意見ではデイサービスはリハビリを行う所ではないと教わるそうです。
ある意味、私はあまり業界の事を知らずに介護業界に居る事が幸いしているのかも知れません。病院が行うデイケアは全国7千、デイサービスは5万です。圧倒的にデイサービスが多いのが現状です、行政もデイサービスに自立を促すリハビリ強化を求めています(すべてこれが正しいかは別として)
我々は医療ニーズにこたえる限界点を目指して日々業務を更新しています。いつかデイで行うリアビリのモデルケースになれるように。今日は評価方法をデジタル化する案を考えています。