介護のサービスをテクノロジーで解決。

テクノロジーと言えばITの事の思いますが現状無いサービスや思考もテクノロジーだと思います。

もし発展途上国が現状のテクノロジーで生活水準を上げてしまうと地球は枯渇してしまいます。

その為にクリーンエネルギーなどの新たなテクノロジーが必要になります。

これはシニアが増えて納税者が減るこの国でも同じだと思います。現状のサービスや思考を続けると社会保障費が枯渇してしまい国が滅んでしまいます。

医療はギリギリのコストで高い水準を維持しています。

介護もコスト削減の波が来ています。、しかし新たテクノロジー(サービスや思考)で水準を上げ、乗り切らなければなりません。その為には介護保険のサービスが全ではありませんがエンドレスではない事を考えて取り組まなければなりません。

特に通所介護は今後、地域のリハビリのインフラになり介護保険のサービスは卒業ありきで取り組む必要があります。新たなサービスと思考です。